未分類

30代フリーターに多い特徴 就職は厳しい?

投稿日:

30代にもなってフリーターとは情けない、と思いがちですが、実は意外と多いものです。学校を卒業して正社員になって現在に至る人には想像もつかないかもしれませんが、30代でフリーターをやっている人にはどんな人がいるのか、30代でフリーターであることを、どう思っているのか、30代フリーターで親には何か言われないのか、など掘り下げたいと思います。まず、就職に失敗したパターンが一般的でしょうか。専門学校や大学卒業までは順調だったものの、就活が長引いてそのまま実家に帰り実家暮らし、という人は、なんとなくアルバイトをはじめそのまま30代フリーターになってしまうことがあります。実家に帰る以外でも、兄弟と暮らしているとか、誰かの家に居候しているなど、お金をたくさん必要としない暮らし方ができれば、案外30代になってもフリーターとして生活できてしまいます。かっちりとした就職までのブランクが長くなればなるほど、抜け出せなくなるのがフリーターです。また、30代で一度も正社員の経験がない、などが重なると、ますます難しくなるばかりです。しかし、あえて30代フリーターになる人もいます。今はノマドワーカーなども増えつつあるため、就職していたけれど、フリーで独立し、まだ食べていけないのでアルバイトもしている、というパターンです。ウェブデザイナーや経営コンサルなど、駆け出しの個人事業主に多いのではないでしょうか。しかし、彼らは一応は自営業という肩書があるので、一見フリーターとして認識されていませんが、実際のところ、アルバイトの比率が多ければフリーターと受け取れます。また、似たような状況として、まだ音楽で食べていけないバンドマンや、お笑い芸人などもこれに当たります。その後、売れることがあれば下積み時代となりますが、何の変化もなければ30代フリーターです。ちなみに、親や周囲は何も言わないのか?と疑問になるかもしれませんが、先ほど述べたお笑い芸人などは、周囲も同じような人がいるので、あまり気にならないのです。周囲もアルバイトをしながら夢追いをしているので、違和感を感じづらく、たまに地元に帰ったときだけ肩身の狭い思いをします。当然親は心配していますが、たいてい実家暮らしのフリーターの場合は、親も特に何も言わない人が多いでしょう。実家そのものに、ある程度たくわえがあれば、子供がフリーター生活をしていても慣れてしまうものです。以上、30代フリーターの特徴についてご紹介しました。
30代フリーター就職

-未分類

Copyright© 20代フリーター人生逆転 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.