未分類

キラウエア火山はどういった火山なのか?行き方は?ハワイでは神聖な場所と言われています

投稿日:

キラウエア火山はハワイでハワイ島に位置し、ハワイに伝わる神話に出てくる火の神「ペレ」の住む場所と言われています。「ハワイ火山国立公園」として登録されており、ハワイで唯一の世界遺産で、現在も噴火し続ける世界で最も活発な火山です。活発でありながら最も安全な火山と言われており、溶岩がゆっくりと流れ出るので大災害になることは少ないとされています。キラウエア火山の活動は現在も続いていますが、噴き出す溶岩の粘性が強く、溶岩がゆっくりと移動するので安全性が高いのです。キラウエア火山を観光するにはハワイ火山国立公園の入園が必要です。キラウエア火山の火口の別名が「キラウエア・カルデラ」と呼ばれており標高は1247メートルで、山頂部分に位置しています。のっぺりとした窪みが特徴です。カルデラとは火山活動によって出来たくぼ地のことです。キラウエア火山のカルデラは溶岩が真上にし噴出せず、横に流れて地下に空洞を作り、その空洞が壊されてカルデラが出来ています。キラウエア火山は標高としてはそれほど高くありません。キラウエアの名前の由来は、活発な火山活動からハワイ語で「噴出する」という意味の「キラウエア」という名前がつきました。キラウエア・カルデラの直径は4キロから5キロ前後、深さは最も落差のある場所で130メートルとなります。ハワイの火の神「ペレ」はこの火口に住んでいたとされています。キラウエアカルデラのビューポイントの一つとなっており、元々は噴火口となっています。直径で900メートル以上あり、巨大な噴火口であることが分かります。今でもところどころでかすかに噴火している様子が見られます。火の神ペレが住むところとハワイの先住民の間では考えられているので神聖な場所にもなっています。キラウエア火山のあるハワイ火山国立公園にはレンタカーを借りるか、ツアーに参加して訪れるのがおススメです。ハワイ島にはキラウエア火山の溶岩、火山灰の影響により白い砂浜は少なく、ほとんどが黒い砂の砂浜となっています。日常を忘れさせてくれるような景色、雄大な景色が広がり、地球の息吹を感じられる場所です。

キラウエア火山への行き方

キラウエア火山に行ってみたいと思った方も多いのではないでしょうか。
気軽に行ける火山であることがキラウエア火山の魅力。
詳しい行き方は下記のサイトに解説されています。
キラウエア火山行き方
ぜひ参考にしてくださいね。

-未分類

Copyright© 20代フリーター人生逆転 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.